2012-02-23 [長年日記]

Pogoplugのソフトウェア版を買ってみた [etc][tech]

ソフトウェア版、なぜか"容量の追加"のリンクにあるという謎。
英語サイトから米ドルで決済した。
ダウンロードしたソフトは日本語でインストールできた。
というか、シリアルナンバーを受け取れるだけで、表向きインストールするのは通常のクライアントソフトと同じようだ。
(追記:現在は PogoplugBackup と PogoplugPC に分離しているみたい)

MacやWindowsにインストールしたあと、アップグレードというボタンからプレミアムライセンスを入力すると、MacやWindowsに共有フォルダが作れる。

ハードウェア版のPogoplug同様に、家庭内LANの外のネットワークからもマシン上で設定したフォルダにアクセスできるはずだけど試してない。

それはそうと、気がついてはいたのだけど、家庭内のルータからインターネットへのアクセスが切れると同じLAN上にあってもアクセスできなくなるのは残念。
これは改善できないものかなー?


本題のメモ。
Linux(Debian)にドライバを入れた時の作業履歴。

https://pogoplug.com/ja/downloads

からLinuxのドライブアクセスをダウンロード。

aptitude search fuse や Synaptic パッケージマネージャで

  • fuse-utils
  • libfuse2

がインストール済みなのを確認。


方法1

参考は日経Linux 2011年5月号。
Root権限で動かす。

cd /usr/local/bin
sudo tar xzfv ~/ダウンロード/pogopluginstall.tar.gz

mkdir ~/pogodrive/
sudo pogoplugfs --user YOUREMAIL --password YOURPASSWORD --mountpoint ~/pogodrive --fuseopts allow_other & 

で実行する。
pogodriveの中に現れるファイルの所有者がrootになっているが、ユーザー権限での書き込みは可能。


方法2

参考にしたのは、

How to Install Pogoplug Drive on Ubuntu 10.04 Lucid Lynx: Pogoplugged

ユーザー権限で fspogoplug を動かしてしまう。

cd
mkdir fspogoplug
cd fspogoplug
tar xzfv ~/ダウンロード/pogopluginstall.tar.gz

でもこのあと/media配下にフォルダを作成している。せっかくユーザ権限で動かすというのに、なんでそこに作るんだろう? もちろん、慣習だというのは分かっているけど。
ともかく、自分は、

sudo usermod -a -G fuse $(id -u -n)
mkdir ~/pogodrive/
./pogoplugfs --user YOUREMAIL --password YOURPASSWORD --mountpoint ~/pogodrive

とした。
しかしエラー発生。

[Fedora] sshfsを使用する - Life with IT

を参考に、

sudo chmod o+rw /dev/fuse
sudo chmod 4755 /usr/bin/fusermount
sudo chmod o+rw /etc/fuse.conf

を順に実行。
ユーザ権限で /etc/fuse.conf が書き換えられるようにしているのだが、この是非はよく分からない。

pogoplugfs の実行を全てをフルパス記述にすると、GNOMEの設定にある「自動起動するアプリ」に書き加えることができるようになって、ログインしたときに自動でpogoplugにつながるのが便利。


というメモ。